iPS細胞の研究開発と医療との関係と期待

以前から注目されていて、ノーベル賞の受賞によって、より注目されるようになったのが、iPS細胞になります。
医療として確立されるのは、まだ先になりますが、医療の治療方法としては、画期的な方法として期待が寄せられています。


医療としてのiPS細胞の一般的な報道では、iPS細胞で心臓といった様々な部分に部分に変化することができる人工的に作った細胞といったことです。

その為、病気の内臓の代わりを作ることが期待されている医療分野にもなります。

こういったことが報道されていて、一般的な知識として記憶にある方も多いです。

知って大満足のワキガ関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

しかしiPS細胞の医療現場で期待されていることは、これだけではありません。製薬会社が注目していることがあります。


それは薬に対応する応用になります。新しい薬を開発する際に、自分のiPS細胞から副作用の有無や薬の効果を知ることができます。
また医療現場や患者側のiPS細胞への期待は、移植患者にとっては、その開発が待たれるところでもあります。

現在、心臓や腎臓や肝臓といった臓器の不全の場合は、親族間や脳死の方からの移植する治療方法があります。


しかしせっかく移植しても拒絶反応を起こす場合があります。拒絶反応は、移植した臓器を免疫が異物とみなし、攻撃する為に起こります。

もし自分の体から作ったiPS細胞で臓器を作ることができたら、このような拒絶反応は起こりにくく、体になじみやすいです。
また免疫抑制剤という免疫を落とす為の薬を服用する可能性も低くなります。

美容整皮膚科 高知情報ならこちらのサイトです。

免疫抑制剤には、様々な副作用を起こす原因ともなっています。

脂肪吸引情報をお届けします。

現在では、まだ臓器を作り出すこはできてはいませんが、目の網膜をiPS細胞で作り出す研究が進んでいます。
そしてiPS細胞の研究で期待がされているのが、難病とされているALS、つまり筋委縮性側索硬化症です。

iPS細胞の研究によって、このALSの原因の一端を解明しました。このように多くの難病を抱えた患者にとっては、iPS細胞の研究には期待が寄せられています。
そしてこの研究が進むためにも、国の最大の支援が必要になります。

そしてiPS細胞の研究が進むことによって、医療が大きく進歩することにもつながります。